信貴生駒スカイラインのドライブ

信貴生駒スカイラインについて





信貴生駒スカイラインは、生駒山地を南北に走る全長20キロほどに及ぶ有料道路です。

南は信貴山の奈良県三郷町を通る奈良県道236号信貴山線と信貴山門料金所で連絡、北の生駒側は、阪奈道路と登山口インターチェンジで繋がります。

正直、たった20キロほど走るのに、通行料金の高さはどうかと思いますが、夜景が綺麗、桜が綺麗、紅葉が綺麗、青空が綺麗、ドライブにこれほど適したコースは無いなと思います。



現在は夜中は通行禁止です。私が免許をとって、軽自動車を購入した頃は、営業時間以外も走れたりして、夜景を眺めたり、走り屋を見に行ったりしたもんです。

当時はバイクも走れたものの、今は二輪車は通行禁止。出来れば、今、スーパーカブでトコトコと走ってみたいなと思ったりしています。



信貴生駒スカイラインの夜景





夜景が綺麗なのです。スカイラインにはどこかしらに展望スポットが必ずあるので、車を止めると、その目の端から端まで広がる風景に圧倒されると思います。

界隈では、六甲山の夜景スポットもあまりにも有名で、もちろん私自身も若い頃に通いまくってよく知るのですが、六甲とはまったく違うんです、ここの夜景は。

とにかく広いんですね。

昔は真っ暗だった奈良側の夜景も、最近はなかなかのもんです。

とはいえ、欠点もあって、結構なワインディングロードの夜のスカイラインは夜景以外の楽しみが少なすぎるのでした。

ちなみに、昼間であれば、気持ち良い眺めのなか、山頂遊園地や鐘の鳴る展望台に府民の森など、見どころも沢山、桜や紅葉の美しさも有名です。



信貴生駒スカイラインの料金





料金所は、上記の二箇所の料金所のほかに、生駒山上遊園地付近にある生駒山上料金所を合わせ計3か所あって、細かく料金設定がされています。


阪奈道路登山口?宝山寺(片道)360円
阪奈道路登山口・宝山寺⇔生駒山上(往復)720円
生駒山上⇔高安山⇔信貴山門(往復)980円
全線片道(登山口・宝山寺?信貴山門)1340円
全線往復(登山口・宝山寺⇔信貴山門)1940円

※上記は普通乗用車のお値段です。



信貴生駒スカイラインの地図



大阪からのアクセスは、阪奈道路側からアクセスして往復というのが走りやすいものの、私がよくやるのは、信貴山門から入って生駒から大阪市内へ、みたいなルートでたっぷり楽しみます。






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。