奈良 月ヶ瀬のCAFE SEVENでCACA-ZANの展示即売会

CAFE SEVEN




お馴染み、我らが愛用のドライビンググローブを作るCACA-ZANの出石さんが、香川からやってくるというのを聞きつけて、MINIなK君とJEEPなK君と私の3台で、ドライブがてら会場へと向かいました。

会場となるのは、奈良は月ヶ瀬にある CAFE SEVEN。

大阪市内から163号線を走り、道すがら合流しながら、笠置を抜けて高山ダム方面へと車を走らせていると、失礼ながら、こんな山の中のCAFEに人が集まるんだろうかと案じたのは余計なお世話だった様です。

我々が到着した10時過ぎには、既に駐車場所は満車で、店前に路上駐車となるほどCAFE SEVENには、沢山のクルマ好きな方々が集まっていました。

名車の数々が素敵すぎます。



CAFE内は所狭しとカーグッズが並び、聞き耳を立てれば、聞こえて来るのは車話ばかり、心地よい空間です。



メニューはご覧の通り。トーストは無料、まだまだ暑いので、冷たい水出しコーヒーが美味しいです。



ただいま、このあたりで取れるブルーベリーを絞ったジュースがスペシャルなんだとか。もう少し秋になると、今度は山ぶどうが登場するそうです。

更には、奈良ニュルなど、CAFEセブンの回りはドライブに最適なコースが無尽蔵にありました。思えば、界隈を良く走ったのはSRに乗っていた20年以上も前の話になります、私の住む大阪からは程よい距離でドライブが楽しめるコースだという事を改めて認識した次第です。

 

奈良ニュルとは




恥ずかしながら、「奈良ニュル」なる言葉をまったく知りませんでした。

画像はSEVENのオーナーが作ったと言う界隈マップです。コースが判りづらいと思うので、CAFE SEVENにて尋ねると詳しく教えて貰えます。

ドイツのニュルブルクリンクという、ニュルブルク城を取り囲むように作られた、山間部の高低差を利用し変化に富む、世界有数のサーキットに雰囲気が似ているそうです。

奈良のニュルブルクリンクなので、奈良ニュル、そう呼ばれる様になったそうで、 この地を訪れるドライバーに人気だと言います。



この話を聞いて、早速 CAFE SEVEN を後にして走りに行きましたが、確かに、信号も無い、アップダウンだけの大きなカーブの無い、真っ直ぐに続く道は、のんびり走るのには持って来いなのは間違いありません。

画像では判りづらいかと思いますが、アップダウンの激しい道、この季節は緑に囲まれたドライブです。時折、同好の士であるバイクや車が坂の下から突然現れたりします。


奈良ニュルを快走する私とK君のR55 クラブマン。


隣にはポルシェにロータスが。そこかしこで名車と遭います。




奈良ニュルを走り、名阪国道の小倉ICへ、小倉から針ICへ移動して、今度はR369で柳生から奈良へと向かい帰阪しました。



CACA-ZANの展示即売会




そして、CACA-ZAN。

アウトレット商品があったり、サイズを実際に試すことの出来るコーナー。商品の説明やら、メンテナンスの方法。

実際にあれこれ尋ねながら購入することが出来るのが展示即売会の良い所。ウチのメンバーは脱着の方法を詳しく尋ねたりしていました。

今回久しぶりに会って色々とお話してきましたが、ちょっとネットでの商品の生産が追いついていないとか。今回も展示販売会用にと、定番商品を中心に慌てて作って来たのだそうです。確実に入手出来るのも展示即売会の魅力ですね。

ますます人気グローブとなっており、愛用者としては嬉しい限りです。



今回は、JEEPのK君が、新たにドライビンググローブお買上げ、愛車の白に合わせて黒ステッチのメッシュ、ジッパー仕様。格好良いです!




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。