オークションで購入したカブ(小型二輪)の名義変更



私のスーパーカブはオークションにて購入したのですが、初めての経験、心配だったのが10万円の買い物をオークションでする心配よりも、名義変更等の手続きなどを自分でしなければいけない、みたいな心配、面倒の方が大きかったです。

正直、やってしまえば簡単な事ですが、やっぱり役所へ行くのが面倒なのは間違いなく、あれこれネットで調べてなんとか完了しました。

ちなみに、大阪市の場合は市税事務所へと出向く必要があります。

小型自動二輪の名義変更


自分が住む市町村によって、用意する書類などが違いがあるのか?は判りませんが、私の場合は住居が大阪市ですから「大阪市 小型自動二輪の名義変更」と検索して大阪市の該当ページへと辿り着きました。

申告理由によって用意する必要があり、市内居住者間の譲渡、譲受けの場合他幾つかありますが、私の場合は「市外の方から譲り受けた場合」なので、必要書類は

・軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書
・譲渡証明書
・前に登録していた市区町村発行の廃車証明書
・届出者の本人確認書類(運転免許証など)

と書かれています。

オークションだと、「譲渡証明書」「前に登録していた市区町村発行の廃車証明書」、こういうのは販売者が廃車手続きをする際にもらって来てくれる書類です。



私がする事は、

「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」は受付の窓口にて記入するだけです。

大阪市のサイトにはこの書類をダウンロード出来るようにもしてありましたが、窓口に行けば親切丁寧に用紙を用意してくれて、記載場所も全て教えてくれるので、本人確認書類の運転免許証を持って行くだけです。


軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書は、こんな緑の書類になります。

拍子抜けするぐらいにあっさりとナンバープレートは手渡されるので、後はバイクに取り付けるだけ、ちなみに、気になる手数料ですが、、、なんと無料

このナンバープレートの登録も、友人がバイクショップにてスーパーカブを購入した際には手数料が5000円とか7000円だとかの話になってましたから、時間が取れる人は自分で行うと、その分経費節約ですね。

本当に親切に教えてくれるので、難しい事など何もありませんから。

ナンバープレートのバイクへの取り付け方法



普通自動車の場合は封印という作業が必ず必要ですが、バイクはボルトで止めるだけの簡単な物です。

10ミリのメガネレンチやスパナを二つ用意して、しっかりと固定しましょう。若いころ乗っていた振動の大きいSRなどはこの振動でボルトが緩むは、これでもかと締め付けると今度はナンバープレートが割れてきたりしたりして、裏面にゴム板を挟んだりとかあれこれ対策したのを思い出しました。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。