ホンダ ベンリーCD90

ベンリー90について




T君のベンリー90です。私らがスーパーカブを物色している横で、

「スーパーカブはニーグリップが出来ないので怖い」

らしくて、独りカブと同じカブのエンジンを搭載したベンリーに乗るといい、もはや新車は手に入らないCD90を買うと宣言、数日後には本当にベンリーをヤフオクで探してきました。

ベンリーのルーツは1953年にまでさかのぼります。

1958年頃には

50ccクラス:カブ
51cc - 125ccクラス:ベンリイ
126cc - 200ccクラス:ホンダ
201cc以上:ドリーム

さらに、1960年以降は、126cc - 200ccクラスのホンダというネーミングが紛らわしいという事で、

カブ:カブタイプ車種
ベンリイ:50cc - 150ccクラス
ドリーム:250ccクラス以上

となり、現在ベンリーは2011年からはスクーターとして車名は残されて居ますが、往年のホンダファンにとっては別物のバイクですね。

T君のベンリーは、1968年から2001年の排ガス規制の運用に伴って生産中止となったCD90、我々のスーパーカブと同じぐらい働くバイクとして、思い起こせば目にする機会は多かったと思います。

レトロなフォルムは今でも大人気なのは言うまでもありません。



ベンリー90の中古情報




古いバイクの宿命です。古くて状態が良い車両ともなると30万円もの価格のCD90もあったり、お値段は正にピンからキリまで。

とはいえ、もともとのお値段がそんなに高いバイクじゃないので、バイクショップでの購入でも10~20万までのお値段が相場だと思います。

もっとも安く購入出来るのは、ヤフオクを始めとする個人売買でしょう。

ヤフオクのデメリットとしては、特に個人売買は現状渡しとなるので、特に古いバイクとなると不具合はそこかしこにあるので、ある意味運に任される事になるわけです。

こういう事に関して、画像のバイクの彼は良い運をもっており、いつもの小型ホンダオンリーなお馴染みのバイクショップ「モーターヘッドサイクル」へ持ち込み、数千円の整備で、相場よりよりもずっと安く良いバイクを手に入れたもんです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。