郵便配達の赤バイクが電動バイクに

赤いスーパーカブ




街で見かけた、使い込まれたスーパーカブ。おなじみの郵便配達の赤いスーパーカブが電動二輪車になるというニュース。

日本郵便とホンダは2017年3月23日(木)、現行の二輪車に替わる電動車両を用いた郵便配達による社会インフラ整備に向けた協業の検討を開始し、覚書を締結したと発表しました。

50年以上も郵政カブとして知られた郵便配達のあのバイクが電動に変わるとのこと、大ニュースだと話題にするのは私らスーパーカブ好きです。

覚書の内容は以下の通り。


郵政とホンダの覚書


●電動二輪車などの郵便配達での活用を展望した社会インフラの整備に向けた取り組み

・郵便配達業務への電動二輪車などの導入の可能性を検討、これにより今後強化される排出ガス規制の中でも、永続的に郵便配達業務を続けられる体制づくりを目指す。

・郵便局への充電ステーション導入の実証実験を実施。将来的には、充電ステーション機能を通じて郵便局が、より利便性の高い「人々の集う場所」として地域にさらに貢献できる存在となることも目指す。

●効率的な車両運行・永続的なユニバーサルサービスの実現に向けた取り組み

・ホンダが開発した、スマートフォンやタブレット端末の位置情報(GPS機能)を活用し、二輪車や軽自動車での近距離移動における業務効率向上を支援するクラウド型ソリューションサービス「Honda Biz LINC」について、日本郵便は郵便配達業務の車両でこれの実証実験を実施。車両の位置情報を把握できる機能などを活用することで、車両をより効率的で安全に運用することを目指す。

・現在、ホンダが日本郵便に納入し配達業務に使用されている郵便配達用二輪車を、安心して業務に使用できることを目的とした保守体制を全国で強化する。保守による郵便配達用二輪車の最適なコンディション維持を通じて、安定、正確、安全な配達業務を支えることを目指す。



働くバイク、スーパーカブは本気で電動化に向けて動いてるのではないかと私らは心配するのです。昨今の環境問題などを思えば、いずれは本当にそうなるのかも知れないという事を頭では判っていても、古い頭の私などは、残念な話だということが勝ってしまいます。

現行のスーパーカブなどには見向きもせずに、古いモデルに乗ってるのに、おかしな話ではありますが。

日々酷使される郵便業務で使用されるとなれば、耐久性やバッテリー問題ほか、あらゆるシュチュエーションで技術は飛躍するのは間違いないでしょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。