準中型免許制度で何がかわるのか

準中型免許制度はいつから




所要にて警察署へ出かけた際に、警視庁のパンフをみてここへきて新しい免許制度、準中型免許制度が2017年(平成29年)3月12日に施工されるということを知りました。

免許制度が変わるという話はずいぶん前に聞いたものの、詳細は知らず。

ちらっと聞いた話だと、私自身には関係ない話だとたかをくくっていたものの施工前になって自分の免許がどうなるのかというのはやっぱり気になってきました。


準中型免許制度と普通免許


一番のポイントは、初めて免許を取る人でも最初から準中型免許を取得出来るようになります。これまでは、準中型免許を取得して2年経ってから、やっと中型にステップアップしなければ運転できなかった大型トラックが運転出来る様になります。

このあたりはメリットでしょう。

ところが、良いことばかりではありません。

現行の普通自動車(普通免許)は5t未満の車を運転することが出来るものの、新しい制度では3.5t以上の車を運転する為には普通免許では不可、準中型免許が必要になります。

準中型免許を取得するには、当然、時間も費用もかかるわけです。


今持っている普通免許がどうなるか?


現在の普通免許は以下の車を運転出来ます。

最大積載量 → 3t未満
車両総重量 → 5t未満
乗車定員 → 10人以下

これが、改正後には、

最大積載量 → 2t未満
車両総重量 → 3.5t未満
乗車定員 → 10人以下


新しい免許制度がスタートして、私らの息子達など、これから免許を取得する方は最大積載量2t、いわゆる2tトラックやマイクロバスなど車両総重量が3.5tを超える車が運転できなくなってしまうのです。

普通車しか乗らないという方はそれで良いかもしれませんが、仕事で使ったりと改正後の普通免許の2t未満というのはあまりにも小さいんじゃないかというのが個人的な意見、今後は準中型免許の取得もスタンダードになるのかもしれません。


私の様な現在の普通免許は、準中型免許(5t限定)に変わり、運転できる車に変わりはありません。

そして、新設される、準中型免許はこんな風になります。

最大積載量 → 4.5t未満
車両総重量 → 7.5t未満
乗車定員 → 10人以下

私などは、もう7.5tなど大きなトラックなどを運転することはまずありませんから、新たに免許を取得する事は無いでしょうが、これから免許を取得する者は何かと苦労がありますね。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。