マツダのキャロル

マツダ キャロル360





マツダのキャロルが停まっていました。(他人様の車なのでボカしました)

久しぶりの、通りすがりの名車シリーズ。もの凄く綺麗な車両。2ドアなので、1962年製の初期モデル、私よりも年上です。マツダがまだ東洋工業時代の車両じゃないかと思います。

既に30年ほど前の話しになります。私が20歳そこそこの頃、5万円で買ったホンダのN360に乗っていた時期があり、友人が乗っていたのがこのキャロルだったと記憶しています。

車両代はたった5万円でしたが、その頃には、すでに旧車でしたから、あれこれとお金かかるのは当然で、半年ほどで手放してしまいましたが、ホンダのN360にマツダのキャロル、スバルの360をレストアして乗るのは車好きの憧れでした。

キャロルという車名は今も引き継がれてスズキのアルトのOEMとして販売されていますね。


マツダ キャロル360の修理・レストア



あれから30年、360CCの車をレストアしつつ乗ることが出来るかと問われると、今の私のライフスタイルの中には入る余地は無いかなと思っています。

ある意味、ポルシェに乗るぐらいに気を使って、専用の車庫も必要でしょうし、メンテナンスはポルシェ以上に気を使うと予想。

パーツ取り用の車両を用意して維持しているなどという話も耳にします。

綺麗な車は普通に100万ぐらいしますし、そっからあれこれと維持して行くに、どれぐらいのお金がかかるもんなんでしょうか、今度そっと訪ねて見たいと思います。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。